18

ぷらのり!えひめ|愛媛のHappyな自転車ライフ > しまなみ海道サイクリングロードでカフェ巡礼

しまなみ海道サイクリングロードでカフェ巡礼

shimanami

shimanami2

 

shimanami3

↑ クリックすると拡大します ↑

自転車で巡る島旅♡カフェ点在の王道コース

 今治市と広島県尾道市を結ぶ、全長約75㎞の日本を代表するサイクリングロード。自転車で海峡を渡れるコースは全国でもここだけ。しまなみエリアは海も透明で美しく、天気が良い日は橋の上から海底まで透けて見えるほど!
 幹線道路沿いに敷かれた線(ブルーライン)は、すべての島を縦断する最短ルート。ビギナーさんなら、まずはブルーラインに沿って進むのがおすすめ。また周辺にはサイクルオアシスやレンタサイクルターミナルなどの施設も充実しており、安心してライドを楽しむことができる。「今日は大三島まで」など、一日でまわるのが大変なら日を分けて楽しんでもいいかも。
 島々には若手オーナーが店を構える素敵なカフェが点在しており、 お気に入りのカメラ片手に自転車でカフェ巡りをする女子も多い。お目当てのカフェに行くために、はるばる山越えのルートを駆け抜けるタフな女の子の姿もちらほら。
 世界各国からファンが訪れるこのコース。せっかく愛媛に暮しているのなら、ぜひ一度は多島美が織りなす景色を、風を感じながら堪能してみて。

cafe

s01

 

s01t

今年オープンしたばかりの大島にあるカフェ。世界的建築家・伊東豊雄氏が設計を監修した同店は、地元産の大島石を部材としても使用。アップダウンのある317号線のコース沿いにあるため、ホッとくつろげる空間としてサイクリストに支持されている。人気のソフトクリームをはじめ、パンケーキやおにぎりセットなどの軽食もあり。天気が良い日は開放感のあるテラス席がおすすめ。

s01data

s01b

「石のカフェパンケーキ」は1,080円。注文してから焼き上げるので、フワフワの食感。ドリンクはコーヒー、ジュース類などがある

s01a

店内はWi-Fiが接続可能、庭先にはサイクルスタンドを設置。駐車場や建物の土台には、大島石(花崗岩)が用いられている

s01a

 


 

 

s01

 

s01t

移住者夫婦がセルフビルドで造った、ヨーロッパの田舎町にあるような木造ベーカリー。天然酵母で丁寧に焼き上げられたパンは、週2日のみの店頭販売。石窯自家焙煎のオーガニックコーヒーやみかんジュース(島内産)などのドリンク類もあり、カフェとしての利用もOK。パンは追加焼きがないので、早めの時間帯に訪れるのがベター。予約したパンの店頭引き渡しもしてくれる。

s01data

s01b

人気の黒糖パン230円、カンパーニュ(プレーン 1/2サイズ)260円、ベーグル(ノアチョコレモン)210円など

s01a

ミモザの木が植えられた可愛らしいガーデン。まるでトトロの森の中に迷い込んだような、緑に囲まれたベーカリー

s01a

 


 

 

s01

 

s01t

道の駅「伯方S.Cパーク」から自転車で約10分の距離にあるパティスリー。コースから少し外れるが、噂を聞きつけて訪れるサイクリストがあとを立たない。海を眺めながらいただく、とろけるようなケーキの数々……。「常時20種類程度で、秋冬はチョコレートなどのタルト系が増えていきますよ」。ジャズが流れる店内で、サイクリングの合間にスイートなひとときを。

s01data

s01b

お酒を効かせたマロンを、甘いマロンクリームで覆った大人なモンブラン(430円)。ベリーの酸味が美味しい「赤い果実のタルト」は400円

s01a

海沿いのパティスリー。テラス席からは、穏やかな瀬戸内海が一望できる。この景色と絶品のスイーツを求めて、県内外からリピーターが足しげく通っている

s01a

 


 

 

s01

 

s01t

楽天ジェラート部門11年連続第1位のジェラート専門店。新鮮な瀬戸田産レモンを使った、作りたての美味しさが魅力。「サイクリストの方は、塩とレモンをダブルにして注文される場合が多いですよ」と語る店長自身も、大の自転車好きなのだそう。サイクルオアシスにも指定されており、店頭ではタイヤの空気入れも可能。また、タイヤのチューブなどの一部部品の販売もあり。

s01data

s01b

瀬戸田産レモンのジェラートは、シングルなら320円、ダブルなら380円。酸味のあるレモンや伯方の塩を使ったジェラートが、サイクリストたちに好評

s01a

海に面したコース(81号線)沿いにある、こちらの店。テラス席からは美しい瀬戸内海が臨める。平日休日関係なく、多くの客が訪れる人気ショップ


 

 

s01

 

s01t

元海運の倉庫をリノベーションして昨年オープンした「ONOMICHIU2」。愛用の自転車を客室まで持ち込める「HOTELCYCLE」や、サイクルショップ「ジャイアントストア尾道」も併設された、サイクリングの帰着点にふさわしいスポット。瀬戸内の日常をより豊かにするライフスタイルショップや、尾道ならではの恵みを練り込んだパンが並ぶベーカリー、レストランにバーなど、洗練された魅力あふれるアドレス。

s01data

s01b

「瀬戸内の暮しの魅力とは?」をテーマにしたライフスタイルショップ「shimaSHOP」。暮しに寄り添う雑貨や観葉植物、本、洋服などを取り扱う

s01a

アパレルではU2オリジナル商品をはじめ、「ポール・スミス」などの人気ブランドとのコラボレーションも話題に。ユニセックスをはじめ、レディス、メンズ、子供服もあり

s01b

新鮮な野菜たっぷりの「Chopped Saladプレミアム」(750円)は、スタンダードサラダにキヌア、3種の大豆、カシューナッツ、レーズンをトッピング

s01a

注文してから野菜をチョップ(細かく刻む)してくれるので、鮮度が落ちにくく新鮮。サラダをスプーンで混ぜて食べる、ここならではのスタイル

s01a

shimanami_omiage


 

yahatahama_go

Vol10
Vol9
Vol8
Vol7
Vol6
Vol5
Vol4
Vol3
Vol2
Vol1
  • はじめてのサイクルライフ
  • サイクルQ&A
  • 女子的自転車ファッション
  • はじめてのシニアサイクル
  • スキンケア講座
  • 公共交通機関
  • ウェア・グッズ
All Rights Reserved Copyright (c) Ehime Prefecture