18

自転車通勤のすすめ

p14-01

p14-02

 

自転車通勤の醍醐味!
季節を肌で感じられる

バスや電車の時間に縛られたくないという理由から、自転車での通勤を始めたという芳之内さん。自宅から松山市内の職場まで、約30分の自転車通勤を行っている。自転車に乗ることを考え、服装もパンツスタイルでスタイリッシュに、ヘルメットやグローブなどの小物もシンプルにしてファッションも気を使っている。仕事帰りは、お気に入りのパン屋さんに立ち寄るのが楽しみのひとつなんだそう。

自転車で通勤をするようになってから、花の開花のニュースが気になるようになりました」と語る芳之内さん。気温や町の風景などを肌で感じることができるのは、自転車通勤の醍醐味かもしれない。通勤ではもちろん、休日も松山市内を中心に四季折々の自然風景を自転車で颯爽と駆け抜けるようなサイクリングをして、自転車ライフを楽しんでいる。

p14-03
p14-04

城山公園を走る芳之内さん。渋滞にもハマらずスムーズに通勤できる!

 

RAKUDAPICNIC ROPEWAY

北海道産小麦粉や天然酵母を使用した、もっちり&ふっくらしたベーグルが常時約20種類ほど並ぶ。噛みごたえもほどよくあり、食材だけでなく生地のうま味も感じられる。

p14-05

ベーグルはもちろん、パン屋さんの雰囲気が好きだそう。「くるみが好きでクルミの入ったベーグルをよく買います」。

 

p14-06

p14-map

松山市喜与町2-4-5 102
TEL/090-9555-9900
営業日/12時〜14時30分
定休日/月・火曜、祝日
駐車場/なし

 


 

p15-01n

 

自転車通勤の醍醐味!
心も体もテンション高まる

渋滞回避を目的に、自転車通勤をしている橋本さん。自転車をこぐことで体が温まり、テンションが高いまま仕事を始められるなど、通勤時間の短縮以上のいい効果を実感している。通勤スタイルは大好きな緑色を効かせたジャージに、着替えとお弁当を入れたリュックを背負うというもの。到着後の着替えは面倒だが、そんな手間も気にならないほど自転車通勤が楽しいという。

通勤コースには田畑や重信川の土手など自然が多く、車だと見落としてしまう風景も自転車のスピードだと楽しめる余裕がある。とくに天気のいい日、信号待ちの時間に空を見上げるのがお気に入りだそう。

自転車は橋本さんのオフにも欠かせない。家族でしまなみ海道を走ったり、イベントに参加するなどして楽しんでいる。交通手段以上の存在となった自転車が橋本さんの生活に彩りを添えている。

 

p15-02

p15-03

ライオン型のライトもお気に入り。
暗い夜道の心強いあいぼう。

p15-04

お気に入りのすそバンドは橋本さん手作り。
自転車模様の布がポイント!

 

Y’sRoad松山 エミフルMASAKI店

ロードバイク、マウンテンバイクを中心に、ビギナーからヘビーユーザーまで満足させる豊富な品ぞろえの大型自転車専門店。「ちょっと始めてみようかな」の背中を押してくれる

p15-05

エミフルMASAKIの館内ではなく敷地内にある店舗。「自転車を停めるスタンドがお店の前にあるので、立ち寄りやすいんです」と橋本さん。

 

p15-06

p15-map

伊予郡松前町筒井850
 エミフルMASAKI
 エミアミューズ1F
TEL/089-984-4835
営業時間/9時〜21時
定休日/無休
駐車場/あり(エミフルMASAKI駐車場)

 

Vol10
Vol9
Vol8
Vol7
Vol6
Vol5
Vol4
Vol3
Vol2
Vol1
  • はじめてのサイクルライフ
  • サイクルQ&A
  • 女子的自転車ファッション
  • はじめてのシニアサイクル
  • スキンケア講座
  • 公共交通機関
  • ウェア・グッズ
All Rights Reserved Copyright (c) Ehime Prefecture